▶Home
 
▶Back
 
 
 

 

「明るく、正しく、すこやかに」幼児の心身の健全をはかり、

豊かな情操・道徳牲の芽生えを培い、自主・自立の精神と創造力、

正しい社会態度を養い、望ましい人間の育成にあたる。

 
 

    環境と地域牲を考慮して、園外での保育も度々行い、自然及び身近な社会事象について、

    興味や関心を持たせ、思考力の芽生えを育てる。

    また、自然の中で運ぶ機会を多くして、体力の増進をはかります。

    「基本的生活習慣の育成について」幼稚園と家庭との連携を一層密にし、

    幼児教育に対して相互理解が深まるように、園のたより家庭への連絡

    個々には、連絡ノート による教師と親の連携をはかります。

    また、保護者会、個人面接、親と子の絵本を楽しむ活動などを行い、

    親と教師相互の心の交流を保ちながら、教職員が誠意と愛情をこめて、保育管理にあたります。

 
  身体面 健 康  健康な習慣を身につけ、自分の体を十分に動かし、進んで運動
  しようとする。
 
知的面 言 葉  自分で考えたり工夫して、物事に取り組む。

 人の話をよく聞いて、自分の経験したこと,考えたことを話したり 
絵本や物語りなどに親しむ。

 
  社会面 人間関係  幼稚園生活を楽しみ、社会生活における望ましい習慣や態度を
 身につける
 
環 境

 身近な環境に自分からかかわり、それを生活に取り入れて
 大切にしようとする

 
感情面 表 現  感じたことや考えたことを、色々な方法で表現することを楽しみ
 美しさなどについて豊かな感性をもつ。

 小動物や自然現象にも興味 をもって、いたわりや喜び驚きなど
 の表現が素直にできる。